家の中での花粉症対策

 花粉症対策記事の画像

先週、先々週くらいから花粉を感じるようになりました。
暖かくなってきて気持ちのいい季節ですが、花粉症の人間にはツラい季節ですね。

花粉症対策の筆頭といえば外出時のマスクだと思いますが、
外出前・外出後の花粉症対策はしていますか。

今回は、外出前・外出後に家でできる花粉症対策をご紹介したいと思います。


目・鼻まわりにワセリンを塗る

花粉症対策でワセリンをどう使うかというと、鼻の穴の周りや穴の中、目の周りに塗ります。
すると、花粉がワセリンにキャッチされて鼻の奥や目の中まで入りにくくなります。
※鼻の中はデリケートなのであまり奥の方まで塗ろうとしないでください。

ワセリンは保湿剤としても優秀です。
乾燥する冬場から花粉の多い春頃まで家に一つあると重宝します。

ワセリンには白色ワセリンと黄色ワセリンがあります。
より精製度が高く肌への刺激が少ないのは白色ワセリンで、赤ちゃんにも使えるということを売りにした商品が多いですね。

私はチューブタイプの白色ワセリンを使っています。
これまでに使用したのは、健栄製薬とピジョンの商品です。
ピジョンの方が伸びが良く塗りやすいと感じますが、健栄製薬の方がベタつきにくいように思います。
大差はなくどちらも使いやすいのでどちらを使ってもハズレはありません。


洗眼と鼻うがい

外から帰ったら鼻と目を洗いましょう。

洗眼液はアルガードがおすすめです。
似た商品にアイボンもありますが、付属のカップがアルガードのものの方が使いやすいです。
アイボンのカップは肌に当たる部分以外は硬い素材でできているせいで顔に十分にフィットせず上を向いたときに液がこぼれることがありましたが、
アルガードのカップは全体が柔らかい素材でできていて目にフィットさせやすい、かつ下を向いたまま洗えるので使い勝手がいいです。

鼻うがい液はハナノア以外を使ったことがないので正直比較したうえでのおすすめはできません(小林製薬以外の大手は作ってない?)。
使用した感想としては、スッキリしますが付属のボトルが少し使いにくいので改善されるといいなぁという感じです。


持ち込んでしまった花粉を除去する

家の中に持ち込んでしまった花粉を除去するために私の家ではシャープの空気清浄機を使っています。

どのくらいの効果があるのか体感でははっきり分かりませんが、一応背面のフィルタが汚れているのである程度の清浄効果はありそうです。

別の機種も使ってみたいなぁとは思いますが、家に空気清浄機が何台もあってもしかたないので当面買うことはなさそうです。
もし新しく買うなら候補に入れたいと思っているのがダイキンのストリーマ空気清浄機。
カンブリア宮殿のノジマの回(2/18放送)で紹介されていて、
「吸い込み口が前面下部にあるのは花粉の吸い込みに適している」「加湿機能付きでもお手入れが楽」とか。

花粉症対策で空気清浄機をこれから買う人は選択肢に入れてみるといいかもしれません。


くっつくんで家中にティッシュを設置する

「くっつくん」という商品があります。
箱ティッシュのクリネックスやスコッティ向けに作られたマグネットバーです。

これを箱ティッシュの底面に取り付けると、磁石のくっつくところならどこでも箱ティッシュが設置できるようになります。

私の家では仕事などで使うスチール製のデスクなどに設置してあり、鼻をかみたくなったらすぐかめるようにしています。
机の上に置く必要がないので机が広く使えて快適です。


甜茶を飲む(番外編)

甜茶がうまい。

主にバラ科の植物の葉が使われているお茶で
花粉症を和らげる(体質改善)効果があると言われています。
これがうまい。

毎日飲むようにしていないせいか花粉症が楽になった気はしないんですが、
うまいから飲んでます。

砂糖とは違う甘さがあって、冷めても美味しく飲めます。

カロリーはほとんどないのでダイエット中の飲み物としてもおすすめです。




この記事では主にモノを使った花粉症対策を紹介しましたが、家に入る前に髪や服に付いた花粉を払うだけでも効果はあるようです。
しっかり対策をして快適に春を過ごしましょう。