家の中での花粉症対策

先週、先々週くらいから花粉を感じるようになりました。
暖かくなってきて気持ちのいい季節ですが、花粉症の人間にはツラい季節ですね。

 花粉を飛ばす杉の木の画像

花粉症対策の筆頭といえば外出時のマスクだと思いますが、
外出前・外出後の花粉症対策はしていますか。

今回は、外出前・外出後に家でできる花粉症対策をご紹介したいと思います。




目・鼻まわりにワセリンを塗る

花粉症対策でワセリンをどう使うかというと、鼻の穴の周りや穴の中、目の周りに塗ります。
すると、花粉がワセリンにキャッチされて鼻の奥や目の中まで入りにくくなります。
※鼻の中はデリケートなのであまり奥の方まで塗ろうとしないでください。

ワセリンは保湿剤としても優秀です。
乾燥する冬場から花粉の多いゴールデンウィーク頃まで家に一つあると重宝します。

ワセリンには白色ワセリンと黄色ワセリンがあります。
より精製度が高く肌への刺激が少ないのは白色ワセリンで、赤ちゃんにも使えるということを売りにした商品が多いですね。

私はチューブタイプの白色ワセリンを使っています。
これまでに使用したのは、健栄製薬とピジョンの商品です。
ピジョンの方が伸びが良く塗りやすいと感じますが、健栄製薬の方がベタつきにくいように思います。
大差はなくどちらも使いやすいのでどちらを使ってもハズレはありません。


洗眼と鼻うがい

外から帰ったら鼻と目を洗いましょう。

洗眼液はアルガードがおすすめです。
似た商品にアイボンもありますが、付属のカップアルガードのものの方が使いやすいです。
アイボンカップは肌に当たる部分以外は硬い素材でできているせいで顔に十分にフィットせず上を向いたときに液がこぼれることがありましたが、
アルガードカップは全体が柔らかい素材でできていて目にフィットさせやすい、かつ下を向いたまま洗えるので使い勝手がいいです。


鼻うがい液はハナノア以外を使ったことがないので正直比較したうえでのおすすめはできません(小林製薬以外の大手は作ってない?)。
使用した感想としては、スッキリしますが付属のボトルが少し使いにくいので改善されるといいなぁという感じです。


持ち込んでしまった花粉を除去する

家の中に持ち込んでしまった花粉を除去するために私の家ではシャープの空気清浄機を使っています。


どのくらいの効果があるのか体感でははっきり分かりませんが、一応背面のフィルタが汚れているのである程度の清浄効果はありそうです。
別の記事にも書きましたが、加湿フィルタが匂うようになってしまったのが、最近の悩み。

テレワークを快適にするために買ったものをレビューしてみる - Satoru's notes


別の機種も使ってみたいなぁとは思いますが、家に空気清浄機が何台もあってもしかたないので当面買うことはなさそうです。
もし新しく買うなら候補に入れたいと思っているのがダイキンのストリーマ空気清浄機。
カンブリア宮殿ノジマの回(2/18放送)で紹介されていて、
「吸い込み口が前面下部にあるのは花粉の吸い込みに適している」「加湿機能付きでもお手入れが楽」とか。

花粉症対策で空気清浄機をこれから買う人は選択肢に入れてみるといいかもしれません。


くっつくんで家中にティッシュを設置する

「くっつくん」という商品があります。
ティッシュクリネックスやスコッティ向けに作られたマグネットバーです。

これを箱ティッシュの底面に取り付けると、磁石のくっつくところならどこでも箱ティッシュが設置できるようになります。

私の家では仕事などで使うスチール製のデスクなどに設置してあり、鼻をかみたくなったらすぐかめるようにしています。
机の上に置く必要がないので机が広く使えて快適です。


番外編

甜茶がうまい。

主にバラ科の植物の葉が使われているお茶で
花粉症を和らげる(体質改善)効果があると言われています。
これがうまい。

毎日飲むようにしていないせいか花粉症が楽になった気はしないんですが、
うまいから飲んでます。

砂糖とは違う甘さがあって、冷めても美味しく飲めます。

カロリーはほとんどないのでダイエット中の飲み物としてもおすすめです。




ここまでモノを使った花粉症対策を紹介しましたが、家に入る前に髪や服に付いた花粉を払うだけでも効果はあるようです。

しっかり対策をして快適に春を過ごしましょう。

ここに挙げたこと以外にも家でできる花粉症対策があればぜひコメント欄で教えてください。

では。

私、お客様にウソをつきました。

今週のお題「告白します」。

懺悔という文字の画像

私、実は、技術者としての経歴を偽装しました。

いえ、営業さんが勝手に盛ったんですが、職務経歴書に書いたあるプロジェクトの従事期間が実際より1年長くなっていました。
みんなやっていることらしいのでそんなものかなぁと思って何も言い出せず。。。
IT業界ではよくあることだとは思うのですが。




上記は私の妄想で書いた架空の技術者の懺悔ですが、
システム開発業界では長年このような詐欺まがいのことが横行していると言われています。

参考:人月商売に巣くう下請けITベンダー技術者の経歴詐称、「見て見ぬふり」が横行するワケ(木村 岳史/日経クロステック)


IT業界あるあるをネタにしたマンガ「いきのこれ!社畜ちゃん」


こういうことをする会社には長くいない方がいいです。

偽装しないと契約がもらえないような人を集めて売り込んでいる時点で、
その会社は「社員の技術力ではなく労働力を売っている」と言っているも同然です。

明るい将来はありません。
高い価値を提供できず価格競争におちいって淘汰されます。

また、本当の実力以上のものを期待して採用されてしまった場合、技術者も客も不幸になります。
技術者は自分の能力を大きく超えた仕事を任されることでストレスを感じ、客は成果物の品質が要求に満たないことでビジネスの成功を逃すのです。
これでは社会のためにもなりません。


ただし、こういう会社も、一度 IT業界で技術者として働いてみたい人にとっては利用する価値ありです。
高い技術力は求められないので簡単に入ることができます。

入ってみたうえで、もっと IT業界で働いてみたいと思ったら、
個人で技術力を積んで技術力で商売している会社に移ればいいと思います(もちろん会社に属さない個人事業主としての挑戦も)。
言い方は悪いですが、踏み台にしてキャリア作りに活かせばいいです。
会社は、勝手に経歴を偽装したせいで技術者に見放されるのですから言い訳できないはずです。


とは言っても、商売の基本は「三方よし」。

個人は磨いた技術力を生かして仕事をし、
ベンダーは技術力を売りに高い価値を提供し、
発注元はビジネスで成功し、
社会が豊かになる、
こんな関係が築けるような個人と会社が増えていくことを期待します。


テレワークを快適にするために買ったものをレビューしてみる

今回のお題は「#この1年の変化 」。

f:id:sa2ru:20210220102205j:plain

仕事がほぼ在宅に変わったので、自宅の作業環境をいろいろ変えました。
あれこれ買ったので一つずつ振り返りながら簡単なレビューでもしてみようかと思います。


加湿空気清浄機

評価:★★★☆☆

加湿したい、あと部屋に持ち込んでしまった花粉を除去したいという目的で買いました。

最近、加湿フィルタが匂う。
時々加湿オフで運転して加湿フィルタを乾燥させたり、手入れをしっかりしないとダメかもしれません。

風量を「中」以上にして運転すればサーキュレーター的な使い方もできるので役立ってます。

空気清浄効果は良くわからん。


ディスプレイ

評価:★★★★☆

このディスプレイには USB Type-C ポートが搭載されていて DisplayPort Alternate Mode と Power Delivery に対応しています。
つまり、USB Type-C で接続すれば、映像入力とラップトップの充電がケーブル1本で済みます(ただし対応機種に限る)。もちろん背面の USB Type-A ポートに接続した機器へのデータ転送も可能。

いやぁ、もう時代は USB Type-C ですね。
差し込む向きは気にしなくていいし、コンパクトだし、できることが多いし。
あらゆるデバイスの端子がUSB Type-C になってほしい(でも規格はもう少し分かりやすくなって欲しい )。

ディスプレイのレビューというより USB Type-C の宣伝みたいになってしまいましたが、このディスプレイは高さ調整などもできる優等生なので、おおむね満足しています。

ちなみに、似たスペックで LANケーブルも繋げる Dell の U2421HE と迷いましたが予算を大きくオーバーしてしまうので、LG 24BL650C-B に決めました。


マイク

評価:★★★☆☆

テレワークとは別件でマイクが欲しかったのもあり、ヘッドセットではなく USB接続のマイクとヘッドホン(次に紹介)を買うことにしました。

マイク端子で接続する安いヘッドセットも持っていますが、こちらの方が無発声時のノイズが少ないとのことでいい感じです。
ただ、ヘッドセットと違って机の振動も拾ってしまうので、ショックマウントと一緒に使ったり長いアームで机以外の場所に固定したりした方がいいかも。


ヘッドホン

評価:★★★☆☆

自宅内での使用が目的で、長時間の打ち合わせもたまにあるので、オープン型の軽いヘッドホンにしようということでこちらのヘッドホンにしました。
5,000円以下で買えて、着け心地が良く、音も悪くないと思います(そもそもオンライン会議用に買ったので音質にこだわりはありませんけど)。

欠点としては、髪が抜ける。
金属とプラスチックで構成されたバンドをスライドさせてサイズ調整をするんですが、つけてるときに知らない間に少しスライドしていることがあるみたいで、
バンドがズレる → 髪の毛がパーツの隙間に挟まれる → 気づかずに頭から外す → 髪が抜ける
ということが何度か起きてます。
本当は★4なんだけど、悲しいのでマイナス1。


チェア

普通のイス。


クッション

評価:★★★☆☆

痩せ型の人は分かってくれると思いますが、イスにずっと座ってるとお尻が痛くなるんですよね。
お尻の肌も荒れやすい気がします。

というわけでクッションを買いました。
思ったより厚みがあって、座面低めが好きな私としてはちょっと残念。
ただ、クッション性はけっこうあります。


デスク

評価:★★☆☆☆

シンプルなデスク。

組み立ては簡単だししっかりしているのでコスパはいいんじゃないでしょうか。

ただ、ハズレを引いてしまったようで、側面のパーツの仕上げが汚かったので、合格点以下。
塗装が乾かないうちにプチプチ梱包材を触れさせてしまったような跡がありました。
すぐに使いたかったのと実用上問題がなかったので返品はしてません。


デスクライト

評価:★★☆☆☆

ジー」という音が気になるとか、組み立てでケガをしたとかレビューに書かれていて、不安になりながら購入。
結果、音が気なったことはないし、ケガもしてません(ケガをする人は組み立て方が悪いんじゃないかと思うくらい簡単でした)。

強いて気になる点を挙げるなら、電源スイッチを押してから実際に点灯・消灯するまでに若干のタイムラグがあることとイメージしていたほどアームが伸びない(ライトの位置を高くできない)ことですね。


部屋着

f:id:sa2ru:20210220084949j:plain:h320
ユニクロで商品を見る

評価:★★★★★

ユニクロのスウェット。プログラマにスーツを着せるなんてけしからん。


スマートウォッチ

評価:★★★★★

最後にテレワークにあまり関係ないですけど、
Fitbit versa から Apple Watch series 6 に買い替えました。

Fitbit versa はスマートウォッチになりきれなかったフィットネストラッカーだと思っているので比べるのはアンフェアかもしれませんが、Apple Watch series 6 めっちゃいいです。
2020年の買い物で一番良かったかも。


まとめ

作業環境はやっぱり大事。
環境が整っているかどうかで作業効率も体調も違ってきます。

色々買ってお金はかかったけど総じて満足。

働き方が変わる中でもこうやって快適に過ごせているのは、
宅配業者などの方々がこれまでと変わらず商品を届けてくれるおかげです。
感謝してます。

しかし、そのような社会を支えてくださっている方々に「コロナを運ぶな」など心ない言葉をぶつける人もいるようです。

私が感じている、普段通りに買い物をしたりすることができることに対する幸せや感謝の気持ちが このブログを通じて頑張っている方々の目にとまれば嬉しいです。

ありがとうございました。

もしもアフィリエイトにログインできなくて困った話

もしもアフィリエイトのアカウント登録直後、もしくはパスワード変更後にログインできなくなった人に向けた情報共有です。

パスワードを忘れた人のイラスト


パスワードに17文字以上設定しようとしていませんか?

もしもアフィリエイトの(登録時の)パスワード入力欄は、16文字を超える文字列をコピペしたりすると超えた分がカットされます(17文字目以降が無視されます)。
警告メッセージなどは出ません!

16文字以下のパスワードを設定するようにしてみてください。


仕様がいまいち

個人的には、パスワード入力欄の仕様としては、
ある程度の長さまでは入力を受け付けたうえで、制限文字数を超えている場合にNGマークや警告メッセージを表示すべきだと思いますが、
もしもアフィリエイトの(登録時の)パスワード入力欄はそもそも制限文字数までしか入力できないようになっています。

「パスワードを表示する」のチェックを外した状態(●●●のように見える状態)で、16文字を少し超える長さのパスワードをコピペしたときに末尾がカットされたことに気付く人なんてほとんどいないのではないでしょうか。
コピペやパスワード管理ソフトから自動入力するユーザーは一定数いるので、この仕様は良くないと思います。

ちなみに、仮にログイン時のパスワード入力欄も同じように16文字を超えた分がカットされるなら、登録されているパスワードと(意図せず)一致してログインできるかもしれませんけど、そちらは16文字を超えて入力することが可能なので、登録されている(16文字にカットされた)パスワードと一致することはありません。


蛇足

パスワード管理ソフトから貼り付けてログインボタンを押したら「IDかパスワードが違います」と表示されて再発行してまた同じ状態になってっていうのを何度もやって本当に時間を無駄にしました。

ログインできないならいいやって言って別のサービスに行く人もいるんじゃあないでしょうかね。

ところで、気のせいか、異なる複数のメールアドレスから登録・ログインを試してる途中で登録画面が微妙に違うときがあったような気がするんですよね。

そのときに一度だけ16文字って制限の説明を見たような気が。。
(もちろん一人で複数アカウントは持てないので、最終的には一つのアカウントだけを保持してます)

自分でも16文字っていう制限にいつ気付いたのかはっきり覚えてないんですよね。
変だなー。おかしいなー。

「得意」なことの見つけ方

自分の得意なことって何だろうって考えたことありませんか?
私は何度もあります。

中には、家族や友人に褒められたりしたことが得意なことだ、と言う人もいますが、正直しっくり来ません。

そこで、私なりに整理した現時点での「自分の『得意』の見つけ方」を書いてみたいと思います。

ポイントは、自分と他人の成果の違いや自分の感情を捉えて客観的に分析できているか、ということだと思います。
以下に詳しく書いていきます。

得意という字を虫メガネで見ている図

「得意」とは何か?を考えるにあたって、「できる」に置き換えて考える人もいるかもしれませんが、これらは区別して考える必要があります。

「できる」ことを挙げようとするとスキルを並べ立ててしまう可能性があります。
スキルは努力した結果できるようになったことに過ぎないため、優位性が乏しいです。

ただし、あるスキルを発揮しているときやそれを身に付ける過程において、他人ができないのに自分には当たり前にできる部分があれば、それは「得意」と言って差し支えないでしょう。

例えば、タイピングの練習をしている二人がいたとします。
二人とも練習を重ねてタイピングスピードがとても早くなりました。
しかし、一方は誤字・脱字が多く、もう一方は誤字・脱字が少ない。

これが誤字・脱字に自然と(当たり前に)気付けるかどうかによってもたらされる差であれば、それは「得意」と言えます。

タイピングはスキルなので二人とも「できる」ようになりましたが、誤字・脱字に気付くのが「得意」でない人はそれが「得意」な人に追いつくことがなかなかできません。

そして、この「得意」を応用すれば、人の書いた文章の添削などにも力を発揮できるでしょう。これは「得意」でない人には難しいことです。

上に書いたことは小さな例ですが、このような自分の「得意」に気付き生かせるかどうかによって仕事などの成果や充実感が違ってくると思います。

しかし、自分の「得意」に気付くのは意外と難しいです。
なぜなら、自分にとってはできるのが当たり前なせいで自分の「得意」というより相手の「不得意」として見てしまうことがしばしば起こるからです。

そこで、「得意」に気付くためにどうすればいいかというと、
誰かに対して「なんでこんなこともできないの?」とか「なんでそんな結論になるの?」というもどかしさを感じたときに、その感情を「得意」のサインとして捉えて冷静に分析できるように心構えをもつことが重要です。

このような「もどかしさ」などの感情は、できる人にとっては当たり前にできることなのに相手がそれをできないから起こる感情であり、自分の「得意」がその要因になっていることがよくあります。

人を見てもどかしく感じたときのその自分の感情を捉えてその要因となったもの(周りの人たちと自分の違い)を客観的に分析できるかどうか、
この辺りが自分の「得意」を見つけるポイントだと思います。

DIO?バイクの名かそれはァッ!

今週のお題「鬼」。

私は「ジョジョの奇妙な冒険」のファンです。

ジョジョを語る上で欠かせないキャラクターはやはりディオ(第三部風に書くと DIO)ですね。
敵だしすごくゲスなんですけど魅力的。
このキャラクターを生み出した荒木先生は天賦の才の持ち主だと思います。

このディオ、自ら吸血になる(人間をやめる)ことを選びます。
ジョジョにおける吸血鬼は人間に噛み付いて口から血を吸うのはもちろん、人間の身体に突き刺した指から血を吸収したり、
逆に自分の血を他者に与えることでゾンビ化させることもできます。

このような血のやりとりは現実世界においても意味があります。


f:id:sa2ru:20210203130816j:plainはたちの献血 2021 ~It's 献血チャンス!~【日本赤十字社】

1月1日から2月28日までの2ヵ月にわたり「はたちの献血」キャンペーンが全国で展開中です。

現在、血液の機能を完全に代替できる人工血液は存在せず、献血によって必要な血液を確保し続けなければ医療が成り立たちません。

ぜひ献血に行きましょう。

Apple Watch の万歩計アプリを比較してみた

Apple Watch の万歩計(歩数計)アプリを自分で検索して実際にインストールして比較してみました。

まず、結論としては Pacer が良かったのでコンプリケーションに設定して使ってます。

Pacer を起動したところ

万歩計アプリを探すきっかけ

日本人的な発想かもしれませんが、健康的な生活が送れているかのバロメーターとして歩数を日々チェックしたいと思ったんですね。
「今日、何歩歩いたんだろう?」と気になったときにすぐ見られるようにしたかったので、Apple Watch で確認できないかなぁ、と。

ただ、デフォルトで入ってるアクティビティアプリではコンプリケーション(ウォッチフェイス上)には表示ができないんですよね。

だったら、他のアプリを探すしかない、ということで
次の条件で Apple Watch の万歩計アプリを探してみました。

  • 基本無料
  • コンプリケーションで歩数が確認できる
  • コンプリケーションでの表示が分かりやすい

実際にインストールしたアプリの比較結果を以降に書いていきます。


万歩計アプリ比較

各アプリを各種ウォッチフェイスのコンプリケーションとして設定してみた画像が以下です。

Pacer

Pacer#1 Pacer#2 Pacer#3 Pacer#4

Duffy

Duffy#1 Duffy#2 Duffy#3 Duffy#4

Pedometer++

Pedometer++#1 Pedometer++#2 Pedometer++#3 Pedometer++#4

StepsApp

StepsApp#1 StepsApp#2 StepsApp#3 StepsApp#4


比較結果

私の理想に1番近かったのは Pacer でした。
歩数が大きく見やすい文字で書かれていて分かりやすかったです。

表示の分かりやすさという観点では Duffy もほとんど同じなんですが、
アプリのアップデートが、Duffy は数ヶ月に一度なのに対して、Pacer は数週間から1ヶ月に一度のペースで行われている、という差があり、
Pacer に軍配が上がりました。

なお、Duffy は iPhone のヘルスケアアプリとデータを同期してくれます。
つまり、Apple WatchiPhone の歩数を合算した数値を表示してくれるので、
iPhone しか持ち歩かないことがある人にとっては Duffy の方がいいかもしれません。
(Pacer などでは Apple Watch の歩数データ(アクティビティアプリで見られるデータ)が表示されます)


Pedometer++ は、そこそこいい線いってると思うんですが、気になったのがコレ。

Pedometer++(画面が暗い状態)#2 Pedometer++(画面が暗い状態)#2 Pedometer++(画面が暗い状態)#3 Pedometer++(画面が暗い状態)#4

見づらくて申し訳ないんですが、
常時点灯のモデルで腕を下げたりしたときに画面が暗くなっている状態です。
「Pedometer++」という文字やハイフン(?)がこれでもかというくらい表示されてしまいます。
ちょっとセンス悪いなぁというのが正直な感想です。


StepsApp は少し情報が多くて見づらく感じたので不合格。


結論

ということで、Pacer が一位。僅差で Duffy が二位でした。


番外編

dヘルスケアというアプリがあって、歩いたりすることで dポイントが貯まる(抽選でもらえる)ようになっているので dポイントユーザーはこちらもインストールしておくとちょっとだけ幸せになれるかもしれません。

まあ、コンプリケーションはないし、もらえるポイントも微々たるものですけどね笑


以上、Apple Watch の万歩計アプリの比較でした。